言葉、会話、伝えるもの。


他人が『優しい』と感じれば、その他人にとって自身は『優しい人間』なのだ。
私は私だが、他の人から見た『私という他人』の印象は他の人にしか見えない。
心の奥に闇を抱えていたとしても、ドス黒い悪意を持って接していたとしても、表に出さなければ其処で終わる。
他人がこちらへ近づこうとしなければ、だが。

なんてことを、他所様の言葉を見て想いましたとさ。
さてついで。
言葉、というのものは素晴らしくも厄介なもの。
自身が含めた意図とは別の意図と取られてすれ違いを生んだり、伝えたい事が伝わらなかったり。
意思疎通とは存外面倒なことで。

TwitterだとかLINEだとか、文字での会話となると、情報料が少なくなります。
人の目、表情、仕草、声色などなど、相手に対する判断材料は言葉使いや文の書き方くらいです。
私は…ちゃんと他人様の意思を理解できているのですかね。
気を付けているつもりではありますが、何度も地雷踏みにダッシュするようなことやらかしてますからねぇ。薄いガラスでできた高所に凄い勢いで突っ込んでいったくらいの自覚はあります。
いやもうホントに私、拒絶されるべきなんじゃなかろうか。

話を戻して、文字だけの会話だろうと『会話であること』は変わりません。
面と向かって会話するより情報料が少なくても、その分待って考えればいいですし。

会話が大切なものだと理解している人は自分の言葉を選択し、他人の言葉を吸収し、理解する。と思うのですが、いかがでしょう?
いや、ネタだとかノリは勿論の如く例外です。それらも大切な一つですから。
やり過ぎはよろしくないですけどね?
正直に言ってしまうと個人的には某語録が好きじゃなかったりします。元ネタが元ネタですし、状況に関わらず使い続ける人も同じく。使う人同士でやってればいいものを、どこにでも出してくるから嫌悪がプラス。そういう流れなら大丈夫なのですが、普通に会話したいからそれを一回外してくれって話ですよ。あと愚痴になりますが友人が過剰反応でネタ入れてくるのでどうにかなりませんかねホント。

…何を書こうとしたか忘れてきました。
えぇと、誰かに想いや意思を伝えられるってのは、存外難しいことだって話か?
まぁなんというか、人間って不器用よな。
雑だし眠くなってきたから今回これでいいや。
ブログの扱いが完全に日記みたいな扱いな気も…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミラル

Author:ミラル

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR