数日ぶりです

どうも、結構久しぶりです

最近パソコンいじってなかったんだよね

起動するのも懐かしいという謎の感情

やった事と言えばなんでしょうかねー

かなりの時間寝てたというか横になってたので、書く事が無い

PSO2もそんなやってないしね、というか二日(今をいれて三日)ログインしてませんし


ああ、F2ndやりましたよ

数日前にSS撮るのにハマりまして、結構な量撮ってました

えーと、撮ったSSは・・・シザーズと学ラン☆パーカーのがほとんどです

あとストレンジダークが数枚

シザーズちゃんが大好きでね!ほとんどのモジュール設定埋め尽くされてるよ!

学ラン☆パーカーは・・・勝手に俺にしてるので←

その結果、VITAの画面がシザーズちゃんと学ラン☆パーカーで埋められました

そしてさっきPCの画面を学ラン☆パーカーにしておいた

ちなみにこんなSS

歌詞を消してないのはわざとなので気にしないでね

これ、リンちゃんの所に設定してます

で、ミクさんの所にはフェイカーさん(今はシザーズちゃん)が設定されてますよー

いやぁ楽しい楽しい

あ、リズムゲームをやる時はスタンダートをグレートにしたりとかを頑張ってます

いくつかエクセレントにできたけどね!

一曲パフェできたけど、SSはまた今度に


それから、昼間にDLC買いました

2000円は無かったんで、ミクさんとリンちゃんのを

・・・ええ、水着モジュです

買う意味は・・・とか思ったけど買わなきゃいけない気がした

カイト兄さんのは迷ったけど、買ったらひどい方向に使う気がした

スキキライだとか・・・ね?もっとマズイのとかもありますが!


あとはなんでしょうか、足の爪を黒+青に塗った事でしょうか

うん、こんな感じでいいかな

では、またそのうち

スポンサーサイト

FiGuに目覚めてきたんだがどうしよう【PSO2】

どうも、やりやがりました!

・・・別にヘンな事じゃないよ?

まぁその話は後にするとして、PSO2を軽く報告


なんかリンちゃんレプカもう一着買いました

いやぁ、夜中だからか凄い欲しくてね

前買ったのはティラスちゃん用で今回はディシディア用

でね、思ったのが

リンちゃんの服はリンちゃんやティラスちゃんが着ると健全に見えるんだ

ディシディアに着せるとね、ちょっと危うく見えちゃうんだ・・・

いや、俺がちょっと変態的なだけなんだけどさ、色々な部分が危うい

・・・この話はやめよう


なんとなーくFiGuが楽しいな

友達からGuの話聞いてると滞空やら対空やらうんぬん

面白そうなので使ってみる事に

で、スキル見てると空中のエネミーへの攻撃が上がるようなのあるじゃないですか

ツインダガーって飛んで戦うのが主体なんですよ!!

しかもしかも!攻撃時?のPP回復量多くなるのもあるんですよ!

ディシディアはメインBrであるんですけど、

PSPo2iの頃色々職探ししてましたから、色んな職できる・・・設定←

FiとGu育てねば・・・

でも、Guはサブ用にスキル覚えようかな

メインにするにはティラスちゃんいるしさ、ディシディアが全部やったら・・・

・・・友達とやる事が多いからティラスちゃんあんまりやってないなぁ

妄想では絶賛活躍中ですけども!!


あ、レベリオンマスクだかあるじゃないですか、栗の

あれをカテドラルクロース着せたディスにやるとさ、髪以外ほぼ【仮面】と化すんだ

その為にお金貯めようと思ったらリンちゃんレプカ買っちゃった☆

はい!PSO2報告終わり!


最後に、やっちゃった報告



わーおててのつめがきいろーい

上手く塗れはしなかったですけど、満足です

そして最近日焼けしてきてるのが気になる・・・

で、一つ。

髪長くて縛ってて、マニキュアしてて・・・俺は何を目指してるんだ?

リンちゃんに近づくのを目指してます!リンちゃんはショートヘアだけど!

カラコンと髪染めはさすがにやらないけどね


今日の報告終わり~また明日~

疲れ果てたね!

お疲れでさっきまでテンションが低かったよー

ていうかネガティブ入ったよーゴミクズモードだよー

でも色々見てたら考えるの馬鹿らしくなったからいつも通りいきますよー


今日は学校、夏休み前の最後の登校日になるでしょう

登校とは違いますが行事一回あったりします

が、俺は練習の段階で無理だと判断しました

いや、諦めんなよ!

ごめん体調とか精神とかズタボロなんだ

昨日の時点で心折れた

一応、数回休んでるんで補講みたいなのはありますが、それは仕方ない

体調管理ちゃんとできればな・・・


今日は体力測定でした、なんかもう面倒なんでダイレクトに言います

右手の握力19kg!

女子に私とそんなに変わらないって言われましたよ!

うーむ、特に力強くなりたい訳じゃないからいいんだけども

なんだけど、夢があるんですが、それ力仕事が多いと思うんですよね

どうしよう・・・

リンちゃんを守る為には強くならねば!!!(そこじゃないだろ)

正直俺は守られるのが好きというヘタレ思考だったりします

まぁ、体力つけていかないとね・・・嫌だなぁ・・・


先輩達と一緒にやったんですが、結構話したりできて楽しかったです

先輩っていいねぇ、当たり前だけど、人生とか学校生活が先行ってて素晴らしい

一人、俺をちょっと明るくしたような先輩がいたよ、面白かった


体力測定終わったら、俺は生ける屍となりました

食欲が無くて、今日は飲み物だけで過ごしてます。朝から

買ってきた抹茶のバウムクーヘン食べてもらいましたもん、胃がやばかった

今日の消費飲料、アクエリアス、レッドブル、カフェラテ、デカビタ、デカビタ、デカビタ


関係ない話になりますが、友達に何歳まで生きたい?って聞かれて

「14歳」

って思いっきり言った俺がいます

アレ、もう過ぎてるじゃないですかーやだー

生きたいってよりずっと14歳でいたかったなぁって感じですが

今は楽しいけどね!リンちゃんと同じでいたいんだ!←


そして昨日の夜中、マニキュアを本気で塗ろうと思った

黄色の。ええ、黄色の。

見つからなかったのでまた今度にしましたが・・・

そしたら友達が、リンちゃんのマニキュアがあると言いまして

1000円ちょっとだそうです

よくわからないけど買えって事だよね


そしてグダグダやってたら時間やばいんで今日はこの辺で

奇跡と妄想の世界、俺の世界 3

妄想投下、訪問者に10000ダメージ

今更ながら、PSO2記事も見ておくと設定が理解しやすいと思います(宣伝)


・面白くない

・完全な妄想

・なんかもう黒歴史

・文章ヘタ

・ちょっと早足かも


以上が大丈夫な方は下をスクロゥル





-----------------------------------------------------------------


7月26日
説明しなければならない
俺はミラルではなく、別の人間である事を。
「俺はミラルじゃない、ミラルは俺の中の妄想だ」
彼女は、また泣きそうだ
「・・・君は、俺とは違う世界の存在なんだよ」
「何言ってるのかわかんない」
そうだろうな、いきなり別の世界とか言われてもわからない
「外を見て、これが君たちの世界に見える?」
外は一般人でいっぱい、武器を持ってる人も近未来的な物もない
少し沈黙した後、口を開いた
「だったら、私と戦ってよ!」
何を言ってるのかわからない、彼女と全く同じ言葉が出る
どうしちゃったんでしょうこの子。
「私に勝ったら、あなたがミラルじゃないって認めてあげるから」
何そのRPGとかそういう感じの思考
俺は完全に体力の無い一般人、さらに言うと半分引き篭もり。身体能力最底辺。
そんな奴が戦えるとでも?そもそも女の子相手にするとかアホでしょう。


「じゃあ、いくよ」
彼女はいきなり何もない所から銃を取り出して乱射した。
「うお!?ストップストップ!せめて外でやろう!」
うん、完全に聞こえてない。これやばいですねー・・・
「早く!早く武器を出さないと死んじゃうよ?」
武器って何。家にあるのは木で作って色塗った木刀もどきくらいしかないんですけど。
とりあえず彼女を止める為に走って近づく。銃弾が凄い怖い。
で、今気づいたんだけど、手に何故か木刀もどき持ってるのね、何これ
銃撃はまったく当たらない、彼女銃の腕悪いんだろうか。
彼女との距離数十センチ、でも女の子に木刀叩きつける訳にもいかないのですよね。
「きゃ・・・!?」
柄の部分で銃をふっ飛ばす、彼女は完全に予想外だったようで少々怯んだ。
そして俺は木刀もどきを投げ、彼女を思いっきり押さえつける。
その光景は普通に見れば変態が少女襲ってるとか、そんな感じの。違うけど。

「あーあ、私の負けだよー」
運良く勝てた。何故か体が良く動いた、どういうことだ。
「俺の勝ちでいいのかな?」
「しょうがないからいいよ」
ちょっと不満そうな顔だが、勝ったならいい。
「ところで、いつまで私にくっついてるのかなー?」
そうだ!これ周りに見られたら完全に誤解される体勢だったんだ!
俺はすぐに離れて、必死に謝る。
「あはは、大丈夫だよ。私だってさっき抱きついたし、そもそもいつもの事だし!」
これがいつもの事って、ミラルさん大変態じゃないですか。俺が想像してる事だけど。
「でも、この強さであなたはミラルって事が証明されたね!」
あー、そういう事ですか、騙された訳ですか。
でもまぁ、俺も馬鹿じゃないんです。
「ミラルなら君と戦ったりしないと思うけど」
「え?あー・・・たしかに」
なんとかなりそうだ。


-----------------------------------------------------------------


まさかのバトル展開、短いけど

妄想中にも言ったけど、ミラルはティラスと戦わない

でも俺は怖いから止めようとします、しかもビビリ

というかいつもティラスちゃんにくっつくミラルさん怖い(理想とか言ったじゃん)


では、今度こそまた明日

エルダー「いや、さすがにちょっと・・・」【PSO2】

今日はゲームしてないぞぉ

神羅木さんと話していてね、楽しかった!

最近変態が加速している気がする。どうしよう

途中、駅に回数券買いに行ったんだけど、窓口開いてないという

そしてまさかの家族がカラオケ行くと言い出しまして

まぁ楽しいんでいいですがねー

神羅木さんにちょっと待ってもらってお話再開しましたー


そんな今日は昨日の報告をしますよっと

昨日、リューニャーさん(ブログURLhttp://ryll68.blog.fc2.com/)にメッセージを送ったんですよ

話しかける事の恐怖より、遊びたい欲が勝りまして

すると、快く遊んでくれました!いやぁ、嬉しい!


インしてちょっとすると、エルダーさんが来るらしいです

楽しそうなんで、一緒に行ってもらいました

アーム戦で何度か床舐めてしまった・・・不甲斐無い・・・

・・・ナイトメアブラッドで戦ってましたけど

いや、本気出す時はカタナ使うけど、ツインダガー楽しいんだもん!!

あと、アーム戦はツインダガーの方が弱点攻撃しやすくて楽

しばらく戦って、エルダーさんの元へ

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

参加者増えないんですが

完全に乗り遅れましたね、しばらく待っても誰も来ない

いやぁ・・・これじゃ行けないなぁ・・・



エルダー「来たかアークs・・・二人・・・だと・・・」

突入ぅぅぅぅ!!!

フハハハ!愉しい、愉しいぞ【巨躯】!

凍結レーザーや両手でプチ☆で何度かペロりましたが、リューニャーさんが助けてくれました

ううむ、申し訳ない・・・

残り2分、腕は一本破壊で体力の低下を知らせるオペレーター

いや、無理!

時間切れでさようなら、制限時間なかったらもしかしたら・・・いや、きついな


終わった後は雑談しましたよ!中々ヤバイ話もしましたが!

そして俺が若干ホモネタ入ってたのを覚えてる・・・

ウホッいい男!って違う違う。襲おうとしたけど違う違う(!?)

だが俺の話を聞いてもさらに上を行く、リューニャーさんかっこいい・・・

いやホモネタとは別の話ですん


しばらくして、次の日が朝早いらしいんで、解散しました

夜中だった気もするけど、起きれたでしょうかね、俺は無理。

またよろしくお願いします!色んな意味で!←


今日はこんな感じですかね

あ、そうそう妄想書き終わりましたよ

稚拙な文だけど、前載せたのも含めて10個分あります

誰得か?それは俺得!

うむ、ではではまた明日~

って明日学校じゃねぇか!!!チクショウ!!

リンちゃん病再発

一時間ほど前に帰ってきました

ネタないなー、妄想なら溜めてありますね

でも最近妄想投稿しすぎなんですよ、ちょっと自重

というわけで適当に書いていきます


友達が遊びに来た時からか、リンちゃん病が再発しました

リンちゃんが頭から離れない、何これ幸せ

帰りの電車でリンちゃん曲聴いてて楽しかった

もうね、可愛い


学校で髪を縛る為のゴムを落としました

比較的涼しかったので、髪縛ってなかったんだけど、気づいたら行方不明

見つからなかったので、そのまま体育の授業

髪縛ってないので首の後ろ側が暑い、モサっとする

また新しいの用意しませんとね


ツイッター見てたらね、めっちゃ可愛い子発見

見た目とかじゃなくて、この人と仲良くなりたいなー的な可愛さ

あ、男です。ショタでもありません、変態さんのようです

そして俺はホモじゃありません(真顔)

可愛いってよりいとおしい?感じかもしれない

・・・年上の人にいとおしいとか可愛いって何言ってるんだろう俺

突然ですが、人を愛するのは勿論好きです

だからと言って、浮気とかじゃありませんよ?友愛やらなんやらです

でも、愛されるのとか慣れてない

嫌われたりするのは嫌ですが、傷つくのはもうどうでもいいやーみたいな・・・

周りがちょっとアレな人多かったですからねー

俺にも問題点はあったんでしょうけど、指摘されないと気づかないんです。頭悪いからね

何が言いたいかって?

リンちゃんへの愛はどこに行けばいいんでしょうって話です


ところで、お世辞だろうと、かっこいいとか言われると戸惑いますよね

服装が、とかなんでしょうけどやっぱり嬉しいですね

家族からかっこいいとか可愛いと言われるのは大っ嫌いなんですが

俺は可愛いとか、リアルではあんまり言いません

でも、完全に言わないって訳ではないですよ、本当にそう思った時しか言わないだけで

マイキャラやリンちゃんには狂ってるほど言ってますけど←

だって本当に可愛いんですもの、しょうがない


うーん、書き始めてから結構時間経っちゃったので今日はこれで

また明日~

友達と遊んだ事についてでも

さて、こんな時間ですから書いていきましょう

昨日から今日の報告。思い出しながらだから時間かかるよー


1、友達を駅まで迎えに行った

9時くらいだっけな、友達二人を駅まで迎えに

俺が到着すると、二人はすでにいましたねー


2、海まで歩いて移動

昨日も行ったけど、海まで歩きました。

暑くてアクエリアスの消費スピード早い・・・

二人めっちゃはしゃいでたね、あんまり海来ないのかな?

二人は軽く足まで浸かってたけど、俺はただ見てました

濡れるの嫌いだからなー、でも楽しかった


3、カラオケ

駅から海までの間に一回通ったので、戻るって事ですね

やっぱあっついわチクショウ

カラオケでは結構歌ったけど、俺は喉をやられた

リンちゃんなう歌った次あたりから、歌えなくなりましたー!オエってなっちゃう

やっぱカラオケは楽しかった。でもきついっす


4、友達1がPS3を買う

安かった方は売れちゃってたので、ちょっと高めの方を。ソフトも別の店で購入

帰ってから設定したかなー?

まぁ楽しんでればいいな


5、友達2がベンチで睡眠

どこいこうかー、予定無いなーってグダグダしてたらまさかの睡眠

前の日寝てなかったらしいからしょうがないなw

結構の間ベンチに居た気がする


6、俺の家にGO

俺の家、テレビゲーム、最高

でも友達1はゲームあんまりする方じゃないみたいだからなー

今度皆で遊べる方法考えないとな

マイクラやったりとか、友達2にDIVAFやらせてみたりだとか

友達2はボカロ好きみたいだねー

友達1は俺がカラオケでボカロばっかり歌ってたら東京テディベアを覚えたようだ

俺はテンションおかしくなってリンちゃんリンちゃん言ってた

リンちゃんが頭から離れなかった。可愛いは正義

それから夜の公園にも行ったな、寒かったけど、星が綺麗だった


今日の事

7、軽くゲームして駅へ

電車の時間があるから、あんまり長くはいられないんだってさ

ゆっくりしていってほしいが、しょうがないよな

毎週学校で会えるしね

また遊びにこいなー


8、帰ってきて神羅木さんを誘ってゲーム

おかしいテンションのまま誘いました

そしたら当然発言もおかしくなる訳で

「声聞きたいな」

おうふ・・・変態さんじゃないですかー・・・

いや、本当に聞きたくてしょうがなかったんだよ、俺を罵るがいいさ!


行ったのは神羅木さんが苦戦してるしてるというVHの許可申請的なもの(PSO2)

まぁ、クォーツしか行ってませんが

浮遊大陸に行き、さぁさぁもうすぐエリア3だ、とか思ってたら

クォーツ「待ちきれなくて・・・」

まさかのフライングクォーツw

これは予想外、というか前もヴォル様フライングしたよねw

クォーツを二回倒すハメになりました、ええ


それから、龍祭壇のTAを一回!

Fi48だとHつらいね、最後キャタドランサとクォーツが同時に・・・

ちょっと焦ったけど、分担してなんとかなりましたよ


後は・・・マイルームで変態話を

ここについてはあまり触れないでおこう、うん

しいていうならマイキャラごめん


今日はどうもです!またよろしくね!変態話共々


あとは、夕飯食べてオンラインになって友達と軽くPSO2をやったくらいかな


そんくらいかな

ではまた明日、それか後で。

奇跡と妄想の世界、俺の世界 2

今日は友達が遊びにきてます

うん、ネタ無い

歩いて海行ったりとか、足痛いなチクショウ

さ、昨日に引き続き、何か良く分からないもの投下します

と言うわけで注意

・面白くない

・完全な妄想

・まだ全て書き終わってないので矛盾あるかも

・文章ヘタ


以上が大丈夫な方は下へスクロォル







-----------------------------------------------------------------


7月26日
訳がわからない。
なんだ?なにが起こった?俺はついに頭をおかしくしたのだろうか。
彼女は幻影だろうか。それともこれは夢なのか。
目の前にいる彼女は何の説明も無しに食事をしている。
「あれ?食べないのー?」
何故か彼女は俺に話しかけてきた。俺の事は知らないはずなのに。
「寝起きは食欲ないんだよ」
そうだ、食事して薬飲まないといけないんだった。
彼女が持ってきた昼ご飯はチャーハン、というか料理できたんだ。
食べてみると結構おいしかった。
「おいしいでしょ?」
彼女は自信満々に聞いてきた。
「まぁ、おいしいかもね」
少し捻くれた回答ではあるが、おいしいとは思っている。
多分、言い切る事が苦手だからこんな返答になるんだろうな。
「微妙な反応だなー、もっと喜ぶかと思ったのに」
なんだか申し訳ない気持ちでいっぱいだ。
「これが俺のテンションだよ」
自分で思うが、テンション低すぎやしないでしょうか。
「いつもなら抱きついてきて喜ぶのにねー」
いつもって何だいつもって、俺は初めて君を見たぞ。


「そういえば、ミラルの部屋模様替えした?」
わかった。彼女は俺の事をミラルだと勘違いしている。
それもそうか、ネットやゲームで実名を使ってる事はないし、
妄想でも彼女と話すのはミラルだからな。
「俺はミラルじゃないよ」
「へ?」
ミラルだけどミラルじゃないんだが、そこ説明するのは面倒だな。
「じゃあ、私が何か勘違いしていると・・・」
「そうなるね」
勘違いという訳ではないが、何かが違う。
「私にはあなたがミラルにしか見えないよ?」
「でも、違うんだ」
どう説明すればいいんだろうか。

彼女はしばらく考えて、急に涙ぐんだ。
「ミラルは私の事嫌いになったんだね、だからそうやって変な事言って遠ざけようとするんだ・・・」
しまった。傷つける気はなかったのに。
彼女の涙が頬を流れていく。正直その姿は可愛い。
「嫌いじゃない!俺はミラルじゃないけど、君の事はす・・・」
何か、言ってはならない言葉を言いかけた気がする。
彼女はキョトンとして、何が何だかわからないんだろう。
「よくわからないけど、私の事嫌いじゃないんだね?」
少し不安そうな顔で聞いてきた。俺は恥ずかしくて、ただ首を縦に振った。
彼女の顔には笑顔が戻って、涙を拭った。
「私はあなたの事大好きだよ!」
急に抱きつかれた。何これあったかい。けど機械部分が刺さってる。
これはどういう状況なのでしょうか、とても可愛い少女が俺にくっついている。
頭がオーバーヒートしそう、こんな事されたのは初めてだ。
俺はしばらく動けなかった。もしかしたら動きたくなかっただけかもしれないが。


----------------------------------------------------------------


・・・ギャルゲか何かで?

違う違う、そんなつもりは無かったんだ

ただ書きたい事を書いてたらこうなった、以上。

一部に若干の説明不足がある気がするけど・・・

とりあえず、今日はこれで。

奇跡と妄想の世界、俺の世界

題名が思いついたのでテーマ追加

さっそく載せますが注意をいくつか


・面白くない

・完全な妄想

・まだ全て書き終わってないので矛盾あるかも

・文章ヘタ


以上が大丈夫な方は下へスクロール







-----------------------------------------------------------------



7月27日
相変わらず、外は暑い。
北海道だからそんなに暑くない
そう言う人もいるけど、慣れてない俺には暑すぎる。
家から出ないから、当たり前かもしれないが。
そんな俺の横で彼女は笑ってる
「いやー!結構あっついね!」
そんな事を言う彼女は汗一つかいてない。どこから来るんだその元気。
「テンション高いな、君は」
「ミラルがテンション低いだけだよー!」
声が大きい。でも不快ではないくらいの大きさ。
「その名前で呼ばないでくれ・・・」
ミラルという名前は俺のネットでの名前であり、リアルの名前じゃない。
嫌ってる訳じゃないが、現実でそう呼ばれるとなんだか調子が狂う。
「えー、だって本当の名前教えてくれないじゃん」
彼女に俺の名前は教えていない
彼女が知っているのは【ミラル】であって【俺】じゃないから。
俺の事なんて、知って欲しくないんだ。
俺は三次元の人間、ミラルは妄想の産物、彼女は二次元の人間。
そう、彼女は・・・


7月26日
俺は特に何もせず、ただ寝ていた。
夏の暑さからか、胸が苦しい
鼓動が大きく聞こえる。起きるのが面倒だ。
こういう時は、何か妄想しよう。
昔から妄想が好きだった。
何にも縛られず自由に考えられる。
頭の中なら、誰にも文句は言われない。
そうだな、ゲームで作ったキャラを主軸に考えよう。
ミラル、ディスピアー、ディシディア、カルムス、ティラス・・・
全部、俺の妄想から派生していったキャラ達。別に何かの専門用語とかじゃない。
特にミラルは自分の理想だ。好きなものをとにかく詰め込んだ感じ。
とにかく気に入ってるので妄想はミラル視点で進む事が多い。
まぁ、そんな事はどうでもいいか。どんな風に妄想しようかな。


そんな事を考えていたら、鼓動は落ち着いてきた。
食欲なんてものはないが、薬を飲む為に食事を取らないといけない。
しょうがないので起きてリビングに向かうと、何故か調理をする音が聞こえる。
「おかしいな、家には誰も居ないはずなのに」
キッチンに聞こえる程度の大きさで喋る。誰かいるなら気づくはずだ
「やっと起きたね!今昼ご飯作ってたからちょうどいいや!」
聞いた事の無い声、誰かが家を間違ったんだろうか?
そんな思考はすぐに消え去った。
声の主は料理を持ってこっちに来た。俺は自分の目を疑う。
ショートヘアに金髪と緑色の目で機械みたいな服の少女、見覚えがあるぞ。
「ティラス・・・?」
先ほど言った妄想から派生していったキャラだ。
そんな事あるはずないが、どこからどう見てもティラスにしか見えない。
「ん?なぁに?」
彼女は普通に応えた。いつもいるかのように。


-----------------------------------------------------------------


確実に黒歴史となるだろうね、これ

続き物ってどういう事ですかお兄さん、でもっていつもと書き方違うし

また気分が向いたら更新します。ではではー

妄想力が全力疾走(妄想関連注意)

一応妄想ジャンルに入れておきます


ゲームもせずにただ妄想書いてました!

え?ネタなんてないっすよ

昨日から妄想書いてるからね、夜中も寝てたし

しいていうならPSO2で友達と話してる時に間違って周囲チャットで

「にゃー」

とか言っちゃった事でしょうか、ああ恥ずかしい


で、ゲームしないほどハマってる妄想って何か

題名とかはまだ考えてないんですよね、奇跡って言葉は入れたいと思ってる

どんなのかを軽く説明すると、


1 「俺」視点で物語が進みます

ミラルではなく「俺」 そこ重要

なんというか、俺のリアルを少しだけ突っ込んだ上で書いてます

性格とかは若干影響受けてるけど、別物だと思っていいです。変な成分入ったし


2 よくあるけど、可愛い女の子が急に!みたいな

可愛い女の子って、マイキャラ達の誰かです

察しがつくかも知れませんが、そこはまぁ・・・

これで物語が大体わかったらアナタはミラルマスター(嬉しくない)


3 季節は夏、というか7月

最近の出来事らしいです

日にちはまだ何日か後の事にしてありますが

一番想像しやすかったのが夏でした



このくらいでしょうか

なんでここまで説明するのって?

・・・いや、載せるからですけど?

多分画面の前の皆様は( ゚Д゚)みたいな顔してるでしょう

大丈夫それが普通の反応です


もうゲームブログとかじゃないよねこれ、自由すぎるよね

でもまぁ、ゲーム関係も書いてるし、別にいいやー(オイ)

題名考えたりとかしてからポンとテーマ追加して書いていきます

うん、実は結構本気で頑張ったりしてる

現在4番目くらいまで書いてありますね


あ、そうだPSO2ログインしなきゃな

ログインして、FUNスクラッチして、ログアウトして・・・

ちょっと横になってからまた妄想しよう、そうしよう


ちなみに今日中に題名思いついたらテーマ追加しておくよ!

更新するかは未定だけどね


ではではまた明日~

プロフィール

no.

Author:no.
t5; t5;
w@m 3lt@s4

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR