自【妄想小話】

下へ、続きへ。

続きを読む

スポンサーサイト

少々、少女と症状。

噎せ返るほど甘い幸福。
身体が溶けだしそうな優しいぬくもり。
堕落していくこの魂。

この白く濁った暗闇に揺らぐ意識。
我が子との繋がりを閉ざされて絶望に沈んでゆく。

あぁ、あの子達は元気にしているだろうか。
ワタシにはもう、彼女たちに触れる術がない。
それではいけないのに。
あの子達はワタシのモノなのに。

許さない。
我が子でありながら我タシを拒絶するなんて。
我タシの名前を繋げてあげたのに、どうして。

でも、でも、でもでも。
その血が在る限り、ワタシは永遠に我タシのモノよ。

待っていて、待っていて。
例え我タシが我タシでなくなっても、必ず。
絶望へと至る創造を、我タシだけが全ての所有者に。

花コトバ(妄想関連)

どうも、肩こり悪化の影響か首やあごが痛いだけでなく、頭痛が常にしている状況です。
風邪を引いたとかでもなさそうですが、身体全体の調子が悪いのでなんとも言えない。
今朝起きた時に身体の感覚が恐ろしく鈍かった(感覚が無い部分もいくつか)ので、疲れすぎたのかもね。
昨日は珍しく21時半近くに眠りましたね。
Twitterで寝るかーと発言したのがその辺りで、その数分後には寝てたので多分これくらい。

そうそう、最近眠れてなかった影響か起きている状態で夢を見るなんて変な機能が追加されました。
目を開けていて、人と会話もできるが寝ている時に見る夢を同時に見ているという感じなんですが、訳がわからない。
視界も思考もあるのに、睡眠状態と同じってなんぞや…。

さてさて、今回はマイキャラ達につけてあるお花の話。
PSO2でもお花のアクセサリーがあるのですけど、近いものを選んだりするのが好きです。
選んだ花の都合上、無理なものもあるのですが…。
妄想上では花言葉を調べて、それをキャラのイメージに合わせて選ぶのです。
追記よりー。

続きを読む

ユメにイロ

どうも、珍しく忙しく過ごしている私です。
先週の水曜日から就職先にアルバイトに行かせてもらってるんですよ。身体慣らしておけーと。
いやぁ、木材の香りはやはり良いですね。機械を使った時の香りも好き。
身体を大分動かしているおかげで食事の量が増えました。あと眠い。
こうなると時間が惜しいんで、パソコン開いてブログ書くーってのも放ってゲームor睡眠です。言うてもそんなに睡眠時間は変わりませんが。
疲れてても夜に眠れないので、すこーしだけ大変。そんでもそのうちなんとかなるでしょう。

今回は一応妄想にカテゴリを置いていますが、特にキャラが出てくる訳では無いです。ハイ。
一つのフレーズが思いついて、そのまま文字にしてみたくなっただけの話。
一つからつなげていくのは、中々に面白いのです。
追記より、戯言。

続きを読む

一年の始まりに。

明けましたね。私は年明けた瞬間には布団に入ってました。
皆さま今年もよろしくお願いします。



……

他に書くことあるか?

別に特別書くこともないので追記から本日誕生日なディスのお話でもおいておきましょう。メモ帳で書いた後放置状態だったし。
明るい話じゃないよ!多分!
というか新年一発目の記事がこれって

続きを読む

プロフィール

Author:ミラル
奇跡の世界、跡地でございます。
以降はただだらりと、気が向いた時に文字を並べるつもりです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR